クリニックの上手な選び方|ほくろ除去は美容整形で行うことができる

美容外科と皮膚科の大きな違いとは

クリニックの上手な選び方

鏡を見る人

ほくろのタイプで治療場所が決まる

肌の様々な悩みをトータルで解決するのが皮膚科の強みです。また、ほくろの状態によっては美容外科ではなく皮膚科が担当することになります。例えば膨らみがあり、いびつな格好をしているほくろは悪性なので大阪の皮膚科で除去することになります。一方、丸い形で平らなほくろは美容外科にて治療が出来ます。このようにほくろを見て悪性か良性かという部分できちんと診断が下せる医師だと最良でしょう。

技術面で信頼出来るところ

大阪の美容外科や皮膚科にもほくろ除去の専門科はいるので、どちらがいいとは一概に言えない部分があります。ただ、美容外科の方が容姿に対する治療に力を入れている印象が強いので、綺麗に除去してくれるのは口コミでも明らかになっています。大手美容外科だと症例の数が多いので、技術面でも信頼出来るでしょう。そういう意味では、美容外科の方が、症状に応じて治療をしてくれます。

治療後のアフターケアにも注目しよう

ほくろ除去をした後のアフターケアは、大阪の美容外科でも力を入れています。サービス内容も皮膚科よりは美容外科の方が上でしょう。大手の美容外科の場合、施術した後保証期間内であれば何かあった場合無料で診察をしてくれます。また、ほくろ除去をした箇所に何かしら問題が生じた際も、来院するか電話で相談を受け付けているので治療後も安心です。

結局どちらがいいのか?

皮膚科の場合、自宅近くクリニックがあったり保険が適用されたり等の理由で受ける人が多数いますが、美容外科の場合、症例の数が多い点と、アフターケアが万全というところで受ける人が多いといえます。近年は、大手美容外科も皮膚科を併設するところがあるのでそういう場所を利用してもいいでしょう。

このようなクリニックが選ばれています

扱うレーザーの数が多い

美容外科に行われているほくろ除去。一般的に使われるのがレーザーになります。大手美容外科なら、一足先に最新機器を導入しているはずなので、他よりもレーザーの数が多いです。また、複数のレーザーがあると様々なタイプのほくろに対応出来るので、大手美容外科を治療先に選ぶといいでしょう。

症例画像が豊富な美容外科

ほくろ除去の名医であるかどうかを知るには、症例で術前と術後の仕上がりを自分の目で確かめることがクリニックを選ぶ時に大切です。また、この症例画像で技術の有無をチェックすれば信頼して治療を任せられるでしょう。大手美容外科だとほくろ除去だけで1万件以上の実績があります。

レーザーの特徴をよく理解しているか

大阪の美容外科で使用されているレーザーは、どれも特徴が違うので治療をする者が特徴や使い方を深く理解している必要があります。そのため、カウンセリングでレーザーの特徴を質問してみて知識があるかどうかチェックする必要があります。この時、質問に対して曖昧な対応をされた場合は、知識がない恐れがあるのでもう一度考え直した方がいいでしょう。

形成外科医が在籍しているともっと安心

皮膚疾患にも強い形成外科医がいる美容外科は、ほくろ除去による機能障害や、変形、傷跡を残さない三つの決まりごとの中で治療が出来るので、より綺麗に仕上げたいならサポート役に形成外科がいるかもチェックしましょう。特に大きく成長したほくろや他のクリニックで断られたような症例は、形成外科と美容外科医がタッグを組むことで解決できます。

広告募集中